賃貸アパート・マンションの間取りを知っておくと便利!

賃貸アパート・マンションの間取り「1LDK(わんえるでぃーけー)」

「1LDK」はキッチンとダイニング、リビングともう一部屋の物件です。
部屋とは別にリビングがあるので、主寝室をとることができ、二人暮らしや長く住む方が使いやすい物件です。

一人暮らしよりも、2人や家族で住んでいる人が多いので、壁の厚さや上下階の音などをチェックしましょう。昼間は静かな場合が多いので、住人が帰ってくる夕方以降に下見することをおすすめします。

騒音は住んでみないとわからない部分でもありますが、もし隣の部屋も空室で見学できるなら、隣の部屋で携帯を鳴らしてみて音の漏れ具合をチェックする方法があります。隣の音がとても気になるようなら、その部屋は避けた方がいいでしょう。

「1LDK」では、部屋数が増える分、扉も多くなります。
隣の部屋に行くのに、別の部屋を通らないといけないなど、生活するのに不便がないかをチェックしましょう。

←「1LDK」の間取り図の例です。

リビング、ダイニングの広さによって間取り図は変わってきます。
リビングの日当たり具合などを考えて、納得の間取りを選びましょう。

レオパレス21
マンスリーマンション、賃貸アパートなどの賃貸に関する情報が豊富! 一人暮らしにもおすすめ!

MAST(マスト)賃貸情報
積水ハウスのシャーメゾン、賃貸アパート・マンション

▲このページのTOPへ戻る