契約後のキャンセル

マンション・アパートを借りるとなった時、賃貸契約は、重要事項の説明を受け、誓約書を書いた時に成立しています。

重要事項の説明を受ける前であれば、キャンセルということになりますが、誓約書を書いたあとでは、キャンセルはできません。

誓約書を書いて、契約をしたあとで取りやめるのであれば、それは「解約」ということになります。
一度も入居していなくても、仲介は完了しているので仲介手数料はとられます。

敷金については、一度も部屋に入っていないので、修理箇所や掃除の必要もないため返ってきます。
しかし、礼金は返ってきません。

誓約書を書いた後で悩む事の無いように、下見や説明の時点で疑問があれば聞きましょう。
後になって気になって、結局解約するということにならないように、出来れば一人ではなく友人や両親など意見を言ってくれる人と探すといいですよ。

レオパレス21
マンスリーマンション、賃貸アパートなどの賃貸に関する情報が豊富! 一人暮らしにもおすすめ!

MAST(マスト)賃貸情報
積水ハウスのシャーメゾン、賃貸アパート・マンション

▲このページのTOPへ戻る