お部屋探しを始めるタイミング

お部屋探しは、引越しを考えている時期から、1ヶ月半〜2ヶ月前にはじめるのが理想です。

入居者の募集は、部屋が空く1ヶ月前から始まります。
入居の申し込みをすると、住人が退去してから入居するようになります。

前の住人が退去して、修理や掃除などをした後、引渡しとなるので、1ヶ月半くらい前から探して、入居を決めるのが理想なのです。

早くから探しても、物件が出てくるのを待つことになります。逆に遅すぎると良い物件はどんどん売れていくので、選べなくなります。

空き物件であれば見学もできますが、人気の物件は決まるのも早いので引越し時期のタイミングも考えましょう。

お引越しにはシーズンがあります。
新築物件が増える時期、ファミリー向けのマンションが増える時期など、ある程度の波がありますので時期を狙って引越しをするのも一つの手です。

時期 特徴
1〜3月 就職や進学で、もっとも物件が動く時期です。
特に一人暮らし向きの「1K」「1DK」や学生向けマンションの新築はこの時期を目標に建てるので、新築物件が多い時期でもあります。
4月 物件数は少なくなっていますが、大家さんが空き部屋を残したくない時期なので、敷金や礼金が値下げされることもあります。
5〜7月 4月を過ぎると落ち着いてくるので、この時期はじっくり物件を探せます。
物件に下見もお願いしやすい時期です。
8〜10月 実は新婚が多い時期なので、ファミリータイプの「1LDK」や「2LDK」の物件が動く時期です。
転勤の時期なので、一人暮らし用の物件も出てきます。
11〜12月 このあとの1〜3月はオンシーズンで仲介会社が最も忙しい時期に当たります。
自分のペースでじっくり探したい人や、進学が決まっている人はこの時期に探すと、焦らず物件を吟味できます。

レオパレス21
マンスリーマンション、賃貸アパートなどの賃貸に関する情報が豊富! 一人暮らしにもおすすめ!

MAST(マスト)賃貸情報
積水ハウスのシャーメゾン、賃貸アパート・マンション

▲このページのTOPへ戻る